大学受験の英語の勉強に役立つサイトまとめ【単語・英文法・英作文・リスニング】

スポンサーリンク


The following two tabs change content below.

kansaijuken

月間12万人以上が購読する関西の大学受験メディア「関関同立.net」の管理人。大阪梅田在住の20代。職歴はみずほ→三井住友→予備校講師。現在は多くの受験生を難関大学に合格させています。早慶や医学科の受験生も担当。

管理人のメモタン(@kansaijuken)です!

大学受験において、英語の偏差値を伸ばすことが最大の悩みである受験生は非常に多いですよね!
私も予備校講師をしていて、たくさんの受験生と話す機会があるのですが、ほとんどが英語に悩んでいます。

どんな参考書がいいのか等の質問ももらうのですが、大学受験において役立つ英語のサイトはないのかという質問も多いです。
さすが現代っ子ですよね!
今回の記事では、受験英語に特化して、役立つサイトを紹介していきます!
リンク先はブックマーク必須ですよ!

■目次

単語
英文法
英作文
リスニング
総評

■単語

まず、大学受験英語において最も基本的で且つ重要なことといえば、英単語の暗記です。
英単語の暗記なしに、英語の学力アップは考えられません。
なので、単語は単語帳でやるだけでなく、サイトを使って覚えてもいいですね!

単語力
tangoriki

サイトはすごく時代を感じるデザインなのですが、中身は本当によく出来ています。

基本的には単語のテストができるサイトですね。
単語のテストってアプリでやってもいいんですけど、いちいちダウンロードするのも面倒だという声も多いんですよね。
なので、そんな方にはサイトでテストできるものが人気のようです。
大学受験は「中級テスト」までで満点を取れるようになっていればOKです。
「上級テスト」は受けてみましたが、明らかに受験レベルを超えている単語ばかりですね。

また、ユーザー登録すれば、テストの成績も保存できますし、単語登録も出来ます。
サイトで勉強したいという方は、ぜひこのサイトを利用してみてくださいね!

また、アプリで勉強したい方は以下の記事を参考にしてくださいね!

おすすめ記事:大学受験生に超おすすめのアプリを予備校講師がまとめてみた

目次にもどる

■英文法

英文法の情報を事細かくまとめてくれているサイトはとてもありがたいですね!
特に、参考書だけでは足りない情報もサイトでは多く載せてあったりします。
折角インターネットにいつでも接続できる便利な機械をポケットに入れているのだから、参考書だけじゃなくてスマホで勉強しましょうね!

参考書より分かりやすい英文法解説
sankosho

参考書よりもわかりやすい英文法解説というサイトです!
もう題名の通りですね!
参考書や教科書にある解説を更に詳しく解説してくれているサイトです!
参考書や教科書は出版の関係上、字数制限がありますからね。
仕方なく削減する文章や問題は多数あります。
しかし、インターネットサイトならば字数制限の心配もありませんからね!
これでもかというくらい細かい解説があります。

また、一つ一つの解説の後には必ず復習問題がついているんですよ!
なので、本当にきちんと理解できたかをすぐに確認できるんですね!
こんな便利なサイト、私が受験生のときもあればよかったのにと感じざるを得ません。
今の受験生は恵まれてますよ。

英語職人・時吉秀弥の英文法最終回答
tokiyoshi

STUDY HACKER(スタディハッカー)さんの連載です。
時吉秀弥先生の英文法講座ですね。
この先生の作ったサイトがあるんですが、私はもう大ファンのサイトなんですよね。
こんなにも目が鱗になった英文法の解説には出会ったことありませんでした。
ただ、このサイト自体が2005年に作られたもので大変古かったので、あまりアクセスが集まらなかったんですね。
そのサイトがSTUDY HACKERさんの協力を得て、ついに現代版としてリメイクされたんですね!

全25回の講義があります。
すべての内容は受験生必見でございます。
どうやったらこんな英文法の本質にたどり着けたのかを私が知りたいくらいです。

目次にもどる

■英作文

なんと、英作文をサポートするサイトが存在するんです。
ほんとに便利な世の中になったものです。
昔は英作文の添削なんて、必死に参考書の例文を意味もわからず覚えさせられたものです。
また、学校に2人くらいしかいない外国人の先生に頼むとかをしていましたね。
それが今やスマホ1つで英作文までサポートしてもらえるなんて。
今の受験生が非常に羨ましいです。

瞬間 英作文トレーニング
eisaku

このサイトはタイトルが平凡すぎて検索にすら引っかかってこないんですが、超優良サイトなんです。
自分が作成した例文をサイトにアップロードすれば、その例文で英作文トニーニングができるんです。
また、フォレスト等の有名教材の例文でもトレーニングできます。
また、単語集も登録すれば、単語の暗記トレーニングができるんです。
TEDという超有名動画サービスにも対応しているので、かなり実用的な生の英語も覚えられます。

lang-8
lang

ネイティブスピーカーが自分の書いた外国語を添削してくれるサービスです。
どうしても外国語である英語のライティングをしていたら、ネイティブの人にとってはおかしい英語をかいてしまいがちです。
予備校講師である私でも、ネイティブにとっては変だと感じる英語をかいてしまうときもあります。
受験生ならばそれは尚更ですし、そもそも受験英語は日本語から英語に無理矢理変えさせられるので、どうしても変になってしまいます。
ネイティブに自分の英語をみてもらうのが一番なんですが、なかなか難しいですよね。

その難しい問題を解決するのがこのサービスなんです。
サービス内容は、動画を見てもらうのが早いですね。

ああ、なんて便利なんでしょうか。
しかもなんとこのサービス、無料なんです。
もう意味不明ですよね。
価格破壊ですよ。
必ず登録しておきましょう!

目次にもどる

■リスニング

リスニングはアプリでやるのもいいんですが、サイトでも出来ます。
アプリよりも機能は多いですね。
毎日リスニングすることが大事なんですが、多くの勉強用リスニングって超面白くないものばかりなんですよね。
内容がありきたりな話ばかりで飽きちゃうんですね。
なので、自分の好きな話題を選べるリスニングサイトがいいですね!

ニュースで英会話
news

NHKのニュースを英語で聞けるサイトです。
リスニングの理想は毎日違う話題であるニュースが一番良いんです。
興味あるトピックだけ選んで聞けば、リスニングに飽きはきません。
私はインターネットやITに関するニュースが好きなんですが、リスニング教材にはITテーマのニュースが無いんですよ。
このサイトは毎日、その日話題になったテーマをスクリプト付きで更新しています。
とても使い勝手がよく、私も愛用しているサイトです。

また、リスニング問題や並び替え問題もついているんです。
ちゃんと聞きとることが出来ているかをチェックできますね!
単語を登録できたりもするので、復習もしやすいです。

目次にもどる

■総評

sumaho

英語の勉強はパソコンやスマホ、タブレットを駆使すればかなり効率的に勉強できます。
未だに参考書だけで勉強していたりしませんか?
もう2017年、2020年になろうとしている時代でせっかくインターネットがあり便利な情報が手に入る時代になったのに使わないのはもったいないですよ!
上記のサイトは全て良いサイトですので、ぜひ使ってみてくださいね!

目次にもどる

 

ABOUTこの記事をかいた人

月間12万人以上が購読する関西の大学受験メディア「関関同立.net」の管理人。大阪梅田在住の20代。職歴はみずほ→三井住友→予備校講師。現在は多くの受験生を難関大学に合格させています。早慶や医学科の受験生も担当。