Next StageかVintage どっち使えばいいの?【ネクステVSヴィンテージ】

スポンサーリンク


The following two tabs change content below.

じゅんじ@元予備校講師

月間12万人以上が訪問する関西の大学受験メディア「関関同立.net」の管理人。 【本名:福元惇二】 大阪の梅田在住の20代。 職歴はみずほ証券→三井住友海上→予備校講師。 予備校講師として得た知識を当サイトで発信中。
受験生
ネクステを学校で配られたからやってるんだけど、友達がヴィンテージを勧めてきてます。どっちをやったらいいですか?
予備校講師じゅんじ
かなり使い込む参考書だから迷いますよね!では、問題数や解説の丁寧さ、難易度を比べてみましょう!

予備校講師をしている管理人のじゅんじ(@kansaijuken)です!

大学受験において、文法の参考書は何を使っていますか?
多くの学校がネクステージを勧めているものの、進学校はヴィンテージを進めている傾向もあります。
ほかにも、スクランブルという参考書だったり、アップグレードを使っている学校もありますが、やはりネクステとヴィンテージが圧倒的に人気です。

今回の記事では、ぶっちゃけネクステとヴィンテージはどちらのほうが良いのかを比べてみました。

問題数はどっちのほうが多い?

まず参考書としては問題数が多いことで、内容の濃さにもつながるので、問題数を比べてみましょう!

Next Stage
1474問(内:文法514問 語法228問 熟語502問 会話120問 語彙110問)
Vintage
1526問(内:文法528問 語法324問 熟語456問 会話  99問 語彙119問)

上記の結果になりました!!

Vintageのほうが、問題数は多いんですね!
特に語法問題の問題数の多さが目立ちます。
100問も多いですね!
でも、このご訪問台の多さ、かなり重要視しなくてはいけません!
なぜなら、特に近年、大学受験業界において、語法問題の重要さはますます上がってきているからです!!
語法問題を制することが合格には重要になってきているのです!!
なので、その問題傾向に対応しているVintageのほうが、良い参考書といえるのではないでしょうか!

よって、問題数の点では、Vintageをおすすめします。

解説はどっちのほうが丁寧か?


解説の丁寧さは、受験勉強においてとても重要ですよね。
どちらも非常に淡白な解説であるのですが、予備校講師の視点からいうと、Next Stageは解説が少し雑であると感じざるを得ません。

もちろん、きちんと文法の基礎を理解していたら、十分Next Stageの解説で理解はできます。
しかし、多くの受験生は文法問題が苦手でしょう。
Next Stageの解説の雑さのせいで英文法を嫌いになる受験生を何度も見てきました。
解説の丁寧さもVintageをおすすめします。
あと、ほとんど見られていませんが、Vintageはyoutubeに解説動画があります。
結構役に立つこと言っているんですけど、再生数少ないですよね。

予備校講師である私もたまに参考にさせて頂くくらい完成度高いです。

問題の難易度はどっちのほうが難しい?

難易度に応じた参考書を使うことは、受験生の参考書選びとしてとても重要な要素です。
難易度は明らかにVintageのほうが高いですね。
Vintageの問題は、こんなに細かいことも載っているのかと思うこともあります。
私は2冊とも解いたことがあるのですが、Vintageの問題は細かい知識を問う問題も多く、難易度も高いです。
Vintageをやっていれば、どこの大学の英文法問題でも、十分に合格点をとれるでしょう。
もし、関西大学などを受ける予定の受験生ならば、オーバーワークかもしれませんね。
センター試験などの問題で満点を取りたいくらいならば、Next Stageだけで十分です。
関西学院や立命館大学の英文法問題は割と細かいので、Vintageをしておきましょう。

本の値段はどっちのほうが高い?


参考書は学校で配られることがほとんどでしょうから、あまり値段を比べても仕方ありませんが、一応載せておきます。
Next Stage 1330円
Vintage 1350円
です。
20円の差ですね。
ほとんど変わりませんね。
内容で選びましょう。

結論


Next StageよりもVintageでしょ。

Next Stageの上位互換、パワステが出版されましたが、それでもVintageのほうがよかったです。
パワステはネクステよりも難易度が高くて、ネクステに欲しかった解説が加えられてはいましたね。
ただ、まだまだ説明が雑なところがあります。
どっちか迷っているならば、ヴィンテージが良いですね。

ただ、多くの受験生はネクステージを学校で配られていますよね。
この場合、わざわざヴィンテージを買い直す必要はないです。
わざわざヴィンテージを買うくらいならば、参考書をやる前に、スタディサプリや学びエイドなどのスマホ映像授業で一度英文法講座を受けたほうが良いです。

多くの受験生を見てきましたが、英文法の問題集を自学自習だけで理解できている人ってほとんどいないんですよ。
無理矢理、答えだけ覚えてる人ばっかです。
スマホの映像授業で英文法講座を見て、そこから英文法の参考書を何度も解いてくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

月間12万人以上が訪問する関西の大学受験メディア「関関同立.net」の管理人。 【本名:福元惇二】 大阪の梅田在住の20代。 職歴はみずほ証券→三井住友海上→予備校講師。 予備校講師として得た知識を当サイトで発信中。