みずず学苑のCMが意味不明すぎると話題になってたのでまとめてみた

スポンサーリンク


The following two tabs change content below.

kansaijuken

月間12万人以上が購読する関西の大学受験メディア「関関同立.net」の管理人。大阪梅田在住の20代。職歴はみずほ→三井住友→予備校講師。現在は多くの受験生を難関大学に合格させています。早慶や医学科の受験生も担当。

みすず学苑のCMが話題

みなさんみすず学苑って知ってますか?
関西の方は知らない人がほとんどかと思いますが、関東では有名な予備校なんです。
簡単に言えば、少人数制の予備校ですね。
ただ、結構変わっているんですよね。
どれくらい変わっているかは、CMを見れば一目瞭然です。

大学受験予備校のCMがこんなに変なんてすごいですよね。
そして、なんでこんなに意味不明なCMを予備校が作るのかずっと業界の謎だったんですが、ついに公式HPにてその理由が公開されました。

この理由を説明するキーワードは、昔からCMで言われている「ダジャレ」です。
「ダジャレ」は昔は賢い人が使う良いイメージの言葉だったのに、いつしか「駄洒落」と呼ばれるようになり、「駄」という言葉のせいで悪いイメージがついてしまったようです。
これが「浪人生」と似ているようです。
「浪人」という言葉も、志を持って捲土重来(けんどじゅうらい)する人を、「浪人」と悪いイメージがついています。
だから、「浪人生よ、誇りを持って開き直れ。ダジャレよ、誇りを持って開き直れ」という学園長のメッセージがあるのだそうです。

それ以外にも、変なCMで塾のブランド名をとりあえず覚えてほしいという意味もあります。
こんな変なCMを見たら、確かに嫌でも覚えてしまいますよね。

塾生は集まっているのか?

そして、こんな変なCMをしている予備校に塾生は集まるのか?と思ってしまいますよね。
意味不明ですもの。
しかし、そんな心配はいらないようです。
このCMを見て、面白いと思ってくれる生徒に来てほしいと考えているようなんです。
明るくて素直な良い子に来てほしいからあえてあんなCMをしているんですね。
確かにあんなダジャレのCMをしている予備校に、性格の暗い学生はみすず学苑には足を運ばないでしょう。
なので、暗い生徒が来るのを防ぐフィルターの役割をしているんですね。
実際に、私も予備校業界にいますのでみすず学苑の噂はよく聞きます。
元気な学生が通っていることで有名です。
浪人でも明るく過ごしたいという受験生は、みすず学苑に行くべきですね。
8校舎に拡大もして今ノリに乗っている予備校です。

CM人気順まとめ

1番人気
2015年 みすず学苑CM 魚介編


2番人気
2017年 みすず学苑CM 爬虫類篇



3番人気
2014年 みすず学苑CM 食堂編



4番人気
2014年 みすず学苑CM 野菜編



5番人気
2016年 みすず学苑CM 怪人編

ABOUTこの記事をかいた人

月間12万人以上が購読する関西の大学受験メディア「関関同立.net」の管理人。大阪梅田在住の20代。職歴はみずほ→三井住友→予備校講師。現在は多くの受験生を難関大学に合格させています。早慶や医学科の受験生も担当。