宅浪で関関同立に行く方法・アドバイスまとめてみた

スポンサーリンク


The following two tabs change content below.

kansaijuken

月間12万人以上が購読する関西の大学受験メディア「関関同立.net」の管理人。大阪梅田在住の20代。職歴はみずほ→三井住友→予備校講師。現在は多くの受験生を難関大学に合格させています。早慶や医学科の受験生も担当。

予備校講師のメモタン(@kansaijuken)です!

宅浪で関関同立に行こうと考える受験生は結構いますよね。
そんなこと、現実的に可能なのでしょうか?
答えはYESです。
宅浪で関関同立に受かるための方法を今回の記事ではまとめました。

■目次

宅浪は精神との戦い
通信講座
ビデオ通話講座
仲間を作る
それでも一人でやりたい人へ

■宅浪は精神との戦い

zazen

宅浪で関関同立合格は可能です。
関関同立には難しい問題も出ないので、わざわざ予備校に行かなくても参考書や映像授業さえあれば充分でしょう。
ただ、関関同立受験でいちばん大事なのは、勉強を辞めないことです。
実は、私は宅浪経験者です。
1年間宅浪しています。
宅浪は本当に辛いですよね。
勉強なんて面白くないんですぐに辞めてしまいます。
勉強よりも楽しいことなんて世の中には山ほどありますからね。
私が受験したのは10年前ですが、その頃はスマホもありませんでしたが、そんな昔ですら、いくらでも遊ぶものはあったのです。
今はスマホもあるので、暇つぶしのハードルが更に下がっています、
今の受験生にとって、宅浪は強い意志がないとすぐに遊んでしまいそうです。
けど、予備校や塾に行っていれば、少なくとも勉強してる仲間がいます。
勉強仲間がいればサボりづらいんですよ。
宅浪はサボり放題なんです。
宅浪受験生は、サボりたい自分の精神との戦いなのです。
宅浪をするのならば、精神が強い人でないと無理です。

目次にもどる

■通信講座を使おう

tegami
宅浪を決心したものの、何をやったら良いのかわからなくなってしまう受験生も多いでしょう。
なので、通信講座でやるべきことを明確にしてもらいましょう。
所謂、赤ペン先生ですね。
大学受験だとZ会が有名ですね。
勉強内容を自分で考えるのはすごく大事なんですけれども、間違った勉強法をしてしまう可能性もありますし、勉強を辞めてしまったりしたくなったときにペースを維持してくれるカリキュラムの存在が勉強の励みになることもあります。
それに、通信講座は予備校や塾に比べて料金が安くすみます。
解答を本部に送れば添削などもしてくれるので自分だけでは気づきにくい点も教わることができます。
人と直接会わずにすむので、宅浪にはかなりおすすめのサービスです。

目次にもどる

■ビデオ通話(Skype)講座

onse

宅浪はカリキュラムがあろうが、通信教材があろうが目を合わせる人がいないということもありサボりがちです。
そこで、宅浪にもおすすめなのがビデオ通話であるSkypeを使ったサービスです。
やはり、人と話をして、期日までに課題を終わらせる等の約束をするだけでもモチベーションは保たれます。
Skypeでのサポートは、難関大学に合格した大学生が担当してくれます。
ビデオ通話をするだけでもやる気はかなり上がりますよ!
数多くのサービスがありますが、一番の有名サービスはスタディサプリの合格特訓プランですね。
月額9,800円と破格の安さです。

目次にもどる

■仲間を作る

nakama

仲間を作ることも大事ですよね。
web上ではなく、実際に人と会うことで、モチベーションが高まる人も多いはずです。
特に、宅浪仲間がおすすめです。
予備校に通っている受験生と会うと、予備校はカリキュラムの進み早いので、無駄に焦ってしまうケースが多いです。
自分のペースでやりたい人が宅浪生には多いので、予備校生の友人とはなるべく勉強の話はしないほうがいいですね。
宅浪のやり方は宅浪にしかわかりません。
宅浪の友人なんていないよという方。
友人はいくらでも作れますよ。
twitterの勉強垢の受験生と繋がったり、受験生SNSのStudyplus(スタディプラス)で仲間を見つけるのもいいですね。
実際に会って見るのも全然いいですよね。

とにかく仲間は大事ですよ。
馴れ合いは嫌だと思うかもしれませんが、夏頃に勉強にバテてしまう宅浪生が非常に多いんです。
春だとコミュニティは作りやすいのですが、夏になるとなかなかコミュニティに入れません。
しっかり春~夏の間に仲間を見つけておきましょう。

目次にもどる

■それでも一人でやりたい人へ

hitori

とにかく一人でやりたい受験生はいますよね。
何を隠そう、私がそうでした。
受験は基本的に一人で行うものです。
だから馴れ合う必要はないと考えていました。

そんな一人での受験勉強におすすめなのは、自分の情報を発信することです。
別に誰かと馴れ合う必要はないんです。
でも、自分の情報をブログやTwitterなどを使って発信すれば、誰かに見られているということが頭によぎり、勉強をサボりづらくなるのです。
ネット上で発信しても仕方ないと思うのならば、友人でも親でも構
いません。
一方的に、今日は何を勉強したかを言っていきましょう。
私は、多くの宅浪生に、この方法で勉強を続ける事ができたと言ってもらえました。
勉強とは違いますが、私は毎日ジムに行ってトレーナーに報告しています。
報告する相手がいるだけで、事実ジム通いがかなりサボりづらくなっています。
このブログだって必ず毎日書いているのですが、ブログの記事を毎日友人に報告するだけでもモチベーションに繋がります。
まあ要するに、あいつ今日はサボったなって思われたくないんですよね。
なので、宅浪生は一人で孤独に勉強してもいいんですけど、自分の勉強結果等の情報を発信する相手は見つけておきましょうね。

 

ABOUTこの記事をかいた人

月間12万人以上が購読する関西の大学受験メディア「関関同立.net」の管理人。大阪梅田在住の20代。職歴はみずほ→三井住友→予備校講師。現在は多くの受験生を難関大学に合格させています。早慶や医学科の受験生も担当。