【2017年度】東京大学への進学実績が多い関西の高校ランキング ベスト5【29年度】

スポンサーリンク


The following two tabs change content below.

じゅんじ@元予備校講師

月間12万人以上が訪問する関西の大学受験メディア「関関同立.net」の管理人。 【本名:福元惇二】 大阪の梅田在住の20代。 職歴はみずほ証券→三井住友海上→予備校講師。 予備校講師として得た知識を当サイトで発信中。

tokyo
東京大学への進学を目指している関西の受験生は多いと思います。

東大へ生徒を多く輩出している高校というだけで、保護者や受験生からすれば、その高校へ行ってみたいと思うようにもなります。
事実、東大への合格実績の多さは、サポートがしっかりしていることのあらわれでしょう。

関西の学校の先生は、東京大学への受験に消極的なことも多いです。
東大ではなくて、国立試験は一度しかないのだから、京大や阪大にしておけという先生は非常に多いです。
しかし、その行為は愚行です。
東大に行けたかもしれない受験生の可能性をつぶす行為です。

あなたがもし東大に進学したいと考えているのならば、ぜひ、そんな愚かな行為をする先生がいない高校へいくべきでしょう。
東大への進学実績が多いことは、学校の先生たちの雰囲気やサポートがしっかりしているということ。
ぜひ、そんな高校へ進学してください!

では、ランキングを5位から発表していきます!

第5位 京都市立堀川高等学校 三重県立四日市高等学校

5位は2つの高校がランクインしました!
どちらも東大合格者は14名!
しかも公立の高校です!
公立の高校の中では、関西でトップの合格人数です!
私立ではなく、市立の高校でこの進学実績は本当にすごいです。
安い学費で国公立トップの東大に行く。
親としては、これほど助かるものはありませんね!

第4位 洛南高等学校

第4位は洛南高等学校でした!
京都の高校ですね。
その合格者数はなんと、21名!!
関西から、東大へ21名も進学しているなんて意外ですよね。
ちなみに、京都大学へは68名進学しています。
京都大学を目指す風潮があるようですね。

第3位 西大和学園中学校・高等学校

第3位は西大和学園中学校・高等学校でした!
奈良の有名な中高一貫校です。
合格者は35名!
西大和学園は2014年に中高一貫も男女共学になったのが目新しいですね。
すごく活気があるようです。

第2位 甲陽学院高等学校

第2位は甲陽学院高等学校でした!
兵庫県の有名男子校です!
合格者は39名!
高校から募集をかけていない、完全な中高一貫高校です。
39名も東大へ行かせているのはすごすぎますね。
ちなみに医学部医学科は現役で39名合格者を出しています。

第1位 灘高等学校

栄えある第1位は関西の人間ならば知らない人はいないであろう灘高等学校でした!
東大合格者はぶっちぎり!
その数なんと95名!!
関西で東大へ行きたいならば、間違いなく灘高校へ行くべきでしょう。
進学校の男子校としてとても有名です。
京都大学は39名受かっています。
京都大学よりも、東京大学のほうが合格者が多いのは、灘高校の先生がきちんと東大へのサポートをしているからでしょう。
灘高校はしかも校風がとても緩い。
自主自律が重んじられているんですね。

まとめ


関西人で東大へ行きたいならば、灘高へ。

 

ABOUTこの記事をかいた人

月間12万人以上が訪問する関西の大学受験メディア「関関同立.net」の管理人。 【本名:福元惇二】 大阪の梅田在住の20代。 職歴はみずほ証券→三井住友海上→予備校講師。 予備校講師として得た知識を当サイトで発信中。