受験生が風邪・高熱になったときの対処法・対策法!辛い中勉強はするべきか?

スポンサーリンク


The following two tabs change content below.

kansaijuken

月間12万人以上が購読する関西の大学受験メディア「関関同立.net」の管理人。大阪梅田在住の20代。職歴はみずほ→三井住友→予備校講師。現在は多くの受験生を難関大学に合格させています。早慶や医学科の受験生も担当。
受験生
体調をよく崩してしまいます。
何か対処法とかありませんか?
予備校講師メモタン
受験生は非常に体調を崩しやすい年なんです。
予備校講師メモタン
今回の記事では、予備校講師である私が毎年受験生に助言していることを記事にしてみました。
医者の友達に言われたことをもとにしています。

予備校講師のメモタン(@kansaijuken)です!

受験生って体調本当に崩しやすいんですよね。
受験のストレスによるものが大きいのですが、肉体的にも体を動かすことが少なくなるので、体調を崩しやすいのでしょう。

前述したとおり、今回の記事では、受験生が風邪や熱になったときの対処法を具体的に紹介していきます!
受験生活は健康的に送りましょうね!

受験当日で体調を崩した人のTweetを紹介

まず、受験生が体調を壊した声がどれだけ多いのかをTwitterで見てみましょう!

上記、いくつかピックアップしただけですが、「受験 風邪」で調べたら山ほどのTweetでてきました。
自分もそうなると考えると、半端じゃなくつらいですね。
そして、Tweetを見る限り、あまり受験が上手くいかなかったようです。
また、模試の当日に風邪を引いてしまい、思うような結果が出なかった声も大量にありましたね。
本当に体調不良は受験生にとって恐ろしいですね。

受験時期に風邪や高熱になってしまった時の対処法!

では、受験前日か当日に風邪や熱になってしまったときの対処法を紹介します!

風邪薬は飲んじゃだめなのか!?

巷で、風邪薬は飲まないほうがいいというのをチラホラ効くようになりました。
理由としては、風邪薬には風邪を治す成分など入っていないからということです。
風邪薬は、風邪が辛いという状態を和らげることしか出来ないのです。
なので、受験期に風邪薬を飲む方法は悪いことではないです。
受験のときに、頭が痛く、寒気がするという症状を緩和してくれるのならば、確実に飲んでおくべきでしょう!
特に、受験当日は風邪薬は飲んでおきましょうね!
眠くならないタイプの風邪薬がおすすめです。
下記の薬は受験生ならば確実に持っておきましょうね!

ビタミンCを取ろう!

風邪薬もいいのですが、栄養をきちんと取ることのほうが大事です。
風邪を治すにはビタミンCがいいですね。
量としては、3000mgがいいです。
摂取法は、やはりビタミン剤が手っ取り早いですね。

 

普段からカバンの中に忍ばせておくのがいいですね。
上記の商品なら、かさ張りませんし、何より安いです。
受験当日でも、前日でもいいですね。
ただ、当日ビタミンを飲みすぎると尿意が出てくるので注意は必要ですね!

水を大量に飲もう!

水は大量に飲みましょう!
風を引いたら汗が大量に出てきます。
汗が出ているのに、水分を補わないと脱水症状が起きてしまいます。
そうなると、ますます体調が悪くなりますので、こまめに水は補給しておきたいところです。
できれば、2リットル以上は飲んでおきたいですね。
ただ、これも受験当日に飲みすぎると尿意をもよおすので注意が必要ですね。
どうしても頻尿ならばオムツでもしましょう。
試験中に何回もトイレに行ってしまうならオムツするしかありませんよ。

 

オムツをしている大人におすすめを聞いたら、上記の商品のようです。
安いですね!

ちなみに、おむつなんて恥ずかしい、何を言っているんだ!?と思っている受験生!
おむつはしててもバレないから、受験当日困るくらいならしたほうがいいですよ!
そして、意外と多くの頻尿持ちは当然のようにおむつを使っていますよ!

いっぱい寝よう!

睡眠は本当に大事です!
体調回復には寝るのが一番ですよ!
なので、受験期に体調を崩したら、絶対寝ましょう!
勉強なんか体調悪いときにやったって何の意味もありませんよ!
辛い中、勉強は絶対に辞めてください。
風邪が長引いて、もっと勉強できなくなるだけです。
10時間くらいは寝ましょうね。

何よりも予防が大事!

上記で、受験期なのに風邪や高熱になってしまった人向けに対処法を書きました。
しかし、受験生にとって最も大事なのは体調を崩さないことです。
そもそも、きちんと毎日の体調管理をしていれば風邪なんて引きませんからね。
なので、体調管理には普段から気をつけておきましょう。
体調管理も受験勉強のうちですよ。

体調管理において大事なのは、食事ですね。
食事できちんとバランス良く栄養を取りましょう。
10代は食事を蔑ろにしがちですが、以下の表通り食事をきちんと取ってください。
barance
農林水産省

保護者にもきちんとこのバランスで食事を取らなければいけないことを伝えてくださいね。
特に不足しがちなのは野菜ですね。
若い人ほど野菜を摂取していないのがグラフで一目瞭然です。

yasai
すこやか食品

野菜の摂取をしないと、一年間、無駄になってしまう可能性もありますよ。
本当に、気をつけましょう!

「1日に必要な野菜は350g」です。
実際の写真で見てみると下記のような感じです。
yasairyou

さらに、野菜は30品目以上を摂取することが重要なようですよ!

え?
こんなに野菜を取るのが面倒ですって?

わかりますよ。
こんな量を毎日食べられませんよね。
私も無理です。

そんな人におすすめなのは、八幡物産/おいしい青汁
です。



かなりおすすめです。

一杯で50種類の野菜を取ることが出来ます。
さらに、私も飲んでいるんですけど、これが美味しいんですよ。
今では青汁無しでは生きていけないほどです。
これを飲み始めてから一度だって風邪を引いたことありません。
受験生は必ず飲んでください。

体調なんか崩したら、本当に後悔しますよ!

まとめ

ganbare
★まとめ★

受験生は青汁を飲んで風邪予防しておこう

青汁飲んで必要な栄養素を普段から摂取している人は、体調を崩しにくいですよ!

そして、もし風邪を引いてしまったら、ビタミンCを3000mgと水を2L飲んで早く寝ましょう!
そしたら、すぐに治すことが出来ますよ!

受験当日ならば風邪薬を飲んで症状を和らげましょうね!
間違っても、しんどいときに勉強なんてしちゃ駄目ですよ!!

ABOUTこの記事をかいた人

月間12万人以上が購読する関西の大学受験メディア「関関同立.net」の管理人。大阪梅田在住の20代。職歴はみずほ→三井住友→予備校講師。現在は多くの受験生を難関大学に合格させています。早慶や医学科の受験生も担当。